読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今話題のSzl(Sawzall)をUbuntuに突貫インストール

パソコン甲子園の夜の肴にしようと思い準備

ネタ元: グーグル、分散処理のためにデザインされた言語「Sawzall」をオープンソースで公開 - Publickey

download and extract


szl -


Szl - A Compiler and Runtime for the Sawzall Language - Google Project Hosting
からszl-1.0.tar.gzをdownload

$ tar zxvf szl-1.0.tar.gz
(略)
$ cd szl-1.0

modify

$ vim src/public/porting.h

src/public/porting.hの51行目にあるuintptr_tの宣言をコメントアウト(stdint.hで既に定義されていたため)

prepare

ライブラリを準備。不足したものもあるかもしれないので環境に応じて適宜

$ sudo aptitude install checkinstall build-essential libpcre3-dev libicu-dev libprotobuf-dev libprotoc-dev

configure and build

$ ./configure --prefix=/usr
(略)
$ make
(略)

checkinstall

$ sudo checkinstall

色々聞かれるので以下のようになるとgood
http://gyazo.com/467885dd8e317a33674c3ed78015d928.png

完了

$szl -version
szl

versionの呆気なさがヤバい

おわり。